公益財団法人日本デザイン振興会より「"GRANFECT~絆の家~" と "鹿児島の家"がGOOD DESIGN2021」をW受賞しました

ヤマサハウス株式会社(代表取締役社長:森 勇清)は公益財団法人日本デザイン振興会より「"GRANFECT~絆の家~" と "鹿児島の家"がGOOD DESIGN2021」をW受賞しました。


「GRANFECT~絆の家~」
「鹿児島の家」

「GRANFECT~絆の家~」の評価

地域・次代・家族との絆を大切にした戸建住宅商品であり、地域の暮らしは地域で
つくるという考えの基、地元の資源を活用し、地元職人によって手掛けております。
また次代につなげる地元の気候風土に配慮した器づくりと、身体的距離を確保した
広い室内空間を実現したことで、区切るのではなく「距離をとる」手法で家族が
同じ空間にいながらも思い思いに過ごせる住まいが、高く評価されました。


「鹿児島の家」の評価

「鹿児島の家」は子育て真っ最中の30代ご夫婦と子供たちの暮らす住まいです。
家族とともに時を重ね、成長し続ける住まいを造りたい。そんな施主の想いを
「素顔」「素材」「素質」の3つの「素」で叶えた住まいが高く評価されました。


今後について

当社では、今回の受賞をきっかけに鹿児島で家づくりを検討している方へ、
鹿児島の気候風土に合わせた暮らしで、より快適に長く住み続けられる住まいづくりに努めてまいります。


お問合せ先

電話番号:099-295-3910
営業時間:9時~18時まで(※定休日:水曜・日曜・祝日)


《詳しいグッドデザインの内容はこちらをご覧ください》